米ロ ウクライナ侵攻問題めぐり電話会談、双方が警告発する

38
 米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領が12月30日、約50分間にわたって電話会談を行った。ウクライナ情勢をめぐり、双方が警告を発したとみられる。12月に両首脳が電話会談を行うのは2回目。 ホワイトハウスのサキ報道官によると、バイデ


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン