米国 クリスチャン、10年で12%減「無宗教」は30%増

43
 米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターは12月14日、キリスト教徒が多数を占める米国で、「無宗教」の成人が2007年16%、11年18%から、21年29%に増えたとする調査結果を公表した。 同研究所のデータによると、11年には75%の米


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン