米下院 社会福祉投資法案可決 総額2兆ドル

85
 米国バイデン政権が看板政策に掲げる、子育て支援など総額2兆ドル(約228兆円)規模の社会福祉投資法案が11月19日、下院で可決された。 同法案は、子育て世帯への税控除や幼児教育の拡充、再生エネルギー投資や電気自動車(EV)の促進策などを盛


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン