アフガニスタン北部 モスクで自爆テロ、ISが犯行声明

17
 アフガニスタン北部クンドゥズのイスラム教シーア派のモスクで10月8日、自爆テロがあり少なくとも46人が死亡、140人以上が負傷した。 事件当時は金曜礼拝のため300人もの市民が集まっており、死者は増える可能性がある。 スンニ派過激派組織「


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン