フランス 同性カップルへの生殖補助医療 公的保険適用へ

53
 フランスの国民議会(下院)は6月8日、生殖補助医療を独身や同性カップルの女性にも認める法案を可決した。 これまでは、生殖補助医療は異性のカップルのみに認められていたが、不妊症を理由にしない場合でも、公的保険で人工授精などの施術を受けて子を


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン