体験談/「がんがいやされた 」膀胱がんステージ4

134
「私はあなたをいやそう!」誰もいないところからの声 あきらめていたがん 神の奇跡のいやし  私は理容師をしていました。職業柄、かなり流行っていたお店だったこともあり、トイレに行く時間が、なかなかありませんでした。そして膀胱炎になり、とうとう


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン