米国 国連人権理事会復帰を発表

17
 ブリンケン米国務長官は2月8日、トランプ前政権が2018年6月に離脱した国連人権理事会にオブザーバーとして復帰すると発表した。 前政権は、理事会を離脱した理由として「イスラエルに対して恒常的な偏見が存在する」と主張していた。 ブリンケン氏


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン