マクロン仏大統領 米イラン仲裁申し出る、新たな枠組みも提案

70
 AFP通信によると、米シンクタンクとのインタビューでマクロン仏大統領は2月4日、トランプ前米政権が離脱したイラン核合意について、米・イラン間の仲裁を申し出た。 マクロン氏は「対話再開に向けた米側からのイニシアチブのサポートに尽力し、正直で


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン