米新政権 パレスチナとの関係改善の意向を示す、前政権から方針転換

87
 ミルズ米国連臨時代理大使は1月26日、バイデン政権がパレスチナ国家樹立を認める「2国家共存」を支持すると改めて表明し、パレスチナとの関係改善の意向を示し、前政権との違いを強調した。 親イスラエルの立場を取るトランプ前政権下では、国連パレス


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン