仏大統領の「ムハンマド風刺画」認める発言巡り イスラム諸国で仏製品ボイコット運動

27
 フランスのマクロン大統領が、イスラム教の預言者ムハマンドの風刺画が原因とされる教員殺害テロ事件をめぐり、風刺画を正当化する発言に反発し、イスラム圏では仏製品のボイコット運動が広がっている。 50カ国以上のイスラム諸国が加盟するイスラム協力


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン