シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 2

367

あるファストフードで働くクリスチャンの記録

第2回 かつてないほどの店舗崩壊!

 み声新聞で過去に掲載された連載をリニューアルし、MIKOE NEWSで紹介します。


 筆者が某ファストフード店で仕事をする中、聖書の教え「すべての事について、感謝しなさい」(テサロニケ人への手紙第一5章18節)を文字通り実践し、その中で現された驚くべき奇跡の体験談を取り上げます。
 この実話に触れる時、聖書の約束の確かさに、きっと感動するでしょう。

朝から大忙し

 私が働いている某ファストフード店は大型ショッピングモールのフードコートにあるので、土、日、祝日はとても忙しくなります。
 雨が降ればその忙しさはさらに増します!
 そんな中、事件が起きました。

 普段は4人体制なのですが、その日は給料日の後ということや、祝日で雨が降っており、店長の出張も重なったため、8人体制を組んでいましたが、やはり朝からとても忙しくなりました。

泣きそうな状況

 ところがです。
 予定していたアルバイトのメンバーが時間になっても来ないのです。
 ある人は発熱により、ある人は急用で、ある人は連絡さえつきません。
 結局、出勤できたのは8人中3人だけでした。

 当然、店頭は常に長蛇の列で、商品は切れる、1時間待ちの状況にお客さんもキレる、揚げ句の果てにはパックミス(商品の入れ忘れ)まであって、クレームの嵐。
 かつてないほどの店舗崩壊でした。

 ピークが終わっても片付ける気力もありません。
 3人とも心身ともに疲れ切っていました。
 本当に泣きそうになるぐらい最悪な状態でしたが、そんな中、神さまは、私の思いの内に「喜ぶこと」を語られました。

与えられた助け

 私は思い出しました。
 聖書には、喜び、感謝をささげる時、どんな事も益になると書いてあるのです。
 正直、その時の感情は最悪でした。
 しかし、聖書のことばに立って、この状況を喜び感謝しました。

 それからしばらくして、目を疑う事が起こりました。
 何と連絡してない所から助っ人が来たのです。

 大型ショッピングモールのフードコートにあるお店だったので、私たちの状況に見かねて何かあったんだろうと、両隣のたこ焼き屋さんとドーナツ屋さんが心配して応援に来てくださったのです。

 自分たちにできることはないかと、後片付けの手伝いをしてくださいました。
 さらに差し入れとしてドーナツとたこ焼きを、私たちにたくさん下さいました。

 疲れ切って最悪だった私の心は、一瞬にハッピーな気持ちになりました。
 神さまは私たちを見捨ててなかったとあらためて実感しました。

 ちなみに他店舗から助っ人が来たのは、その日1回だけです。
 この体験を与えてくださった神さまに感謝します。

第3章「本部からの抜き打ち調査 最悪から逆転が」はこちら