米国務長官 新型コロナ「武漢 起源説」主張

70
 産経新聞などによると、ポンペオ米国務長官は5月3日、ABCテレビの報道番組で、新型コロナウイルスの起源について、ウイルス感染が最初に確認された中国湖北省武漢市にある中国科学院武漢ウイルス研究所から発生したことを示す「多数の証拠がある」と述


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン