イスラエル・レバノン 海上境界線めぐり協議、30年ぶりの対話

16
 イスラエルとレバノンは10月14日、レバノン南部のナラクにある国連施設でアメリカの仲介のもと海上の境界画定に向けた協議を始めた。国交のない両国の対話は30年ぶりとなる。 トランプ米政権は、イスラエルとアラブ諸国の関係改善を進めており、今回


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン