「線状降水帯」近づく東京大震災

63
 「線状降水帯」とは、積乱雲が次々と発生して列をなした積乱雲群によって、数時間にわたって、ほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される雨域です。  線状降水帯は、線状に伸びる長さ50~300km程度、幅20~50km程度の、強い降水を


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン