短歌に親しむ~百人一首

91
日本古来から伝わる和歌、短歌を通して、情緒豊かな日本語の持つリズムと表現の多彩さに触れる。 吹くからに 秋の草木のしをるれば      むべ山風を 嵐といふらむ            文屋康秀ふくからに あきのくさきの しおるればHukuk


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン