短歌に親しむ~万葉集

223
日本古来から伝わる和歌、短歌を通して、情緒豊かな日本語のもつリズムと表現の多彩さに触れる。 韓衣裾に取り付き泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして                   防人の歌 からころむ  すそにとりつき なくこらをKara


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン