短歌に親しむ~万葉集

96
日本古来から伝わる和歌、短歌を通して、情緒豊かな日本語のもつリズムと表現の多彩さに触れる。 石走る垂水の上の早蕨の萌え出づる春になりにけるかも                     志貴皇子 いわばしる たるみのうえの さわらびの  Iw


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン