近づく東京大地震「クラスター対策班の現状分析」

103
現状分析  2月14日ごろから全国的に感染者の増加が加速しましたが、保健所の接触者調査によりクラスター対策が一定の効果を上げ、イタリアなどの感染者の爆発的増加(オーバーシュート)は起きていません。  しかし、世界的なパンデミック(世界的大流


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン