「線状降水帯と顕著な大雨に関する気象情報」近づく東京大震災

35
 今年も線状降水帯が活発に現れて、7月は宮城、8月には山形、新潟、北陸地方、そして青森と秋田と続いていて、異常に大きな被害が起きている。  次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなして組織化した「積乱雲群」によって、数時間にわたってほぼ


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン