「地震からの守り(基本)」近づく東京大震災

26
 火を使っている時は、地震の揺れが収まってから、慌てずに、火の確認をします。 もし、出火してしまったら、落ち着いて消火しましょう。しかし、火が天井付近に達する場合や、危険と感じる場合は速やかに避難しましょう。  例えば自宅に居たときは、丈夫


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン