近づく東京大地震「内水氾濫と外水氾濫」

57
 台風シーズンを迎えているが、浸水災害の防災を適切に行うために、氾濫の形態を把握しておくことは大切です。  内水氾濫(ないすいはんらん)は、大雨・豪雨の雨量が下水道、側溝、排水路の雨水処理容量を上回り、土地・建物や道路、地下道などが水浸しに


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン